2017年 各種セミナー(事前申込制)

セミナー

定員になり次第受付終了。お早目にお申込み下さい!

セミナー会場MAP・一覧(PDF)はこちら
  • 総務・人事・経理ワールド 基調講演

    SJ-K

    7月27日(木) 10:30~12:00

    リクルート ITグローバルカンパニーへの変貌をリードする人事戦略

    (株)リクルートホールディングス 取締役 兼 専務執行役員
    池内 省五

    講演内容・詳細はこちら
    <講演内容>

    この5年で急激なIT化、グローバル化を遂げてきたリクルート。こうした劇的な戦略転換を支える人材をいかにして獲得しているのか、また、世界中から優秀なエンジニアを集める戦略人事とはどのようなものなのか。多様な人材を抱えながらもリクルートらしい組織文化を醸成するための取組や次世代経営者育成において人事が担うべき役割とともに語る。

    <講師プロフィール>

    1988年(株)リクルート(現(株)リクルートホールディングス)に入社。
    入社後、スーパーコンピューター関連のプロジェクトに2年従事。経営企画部、人材広告事業部を経て、 1993年人事部に異動し、人事制度設計に携わる。2000年より、経営企画室にて、中長期成長戦略策定に携わるとともに、 新規事業開発とアジアを中心とした海外展開の推進に従事。 2005年より執行役員として経営企画及び人事を担当し、リクルートの海外事業拡大とR&Dにも貢献。2012年より取締役に就任。 2014年1月より2016年3月末まで、リクルートUSAの代表取締役として、ニューヨークに赴任。 2016年4月に取締役兼専務執行役員に就任し、経営企画および人事を担当。

    閉じる

    ガラパゴス化する日本の採用戦略~世界の常識、日本の非常識~ (仮題)

    (株)ビズリーチ 代表取締役社長
    南 壮一郎

    講演内容・詳細はこちら
    <講演内容>

    講演内容検討中

    閉じる
  • 会計・財務EXPO 特別講演

    ACC-S1
    戦略的CFO

    7月26日(水) 10:30~12:00

    日本企業のコーポレートガバナンス改革 ~その後の動向と課題~

    (一社)日本CFO協会 理事長
    藤田 純孝

    講演内容・詳細はこちら
    <講演内容>

    2014年以降日本企業のコーポレートガバナンスは会社法改正やガバナンス・コード策定等により新しい機関設計や社外取締役導入増加など枠組みや外形は大きく進展した。一方でこれらの改革が真に持続的な企業価値成長につながっているかについて改革の現状と課題について考える。

    <講師プロフィール>

    1965年神戸大学経済学部卒業
    同年伊藤忠商事(株)入社、95年取締役業務部長、97年常務、99年代表取締役専務CFO、 2001年代表取締役副社長CFO(兼)経営企画・財務経理・審査担当役員、03年代表取締役副社長職能管掌(兼)CFO(兼)CCO、 06年取締役副会長、08年相談役、11年理事(現任)。
    07年(株)オリエントコーポレーション社外取締役、08年古河電気工業(株)社外取締役(現任)、 日本興亜損害保険(株)社外監査役、09年日本板硝子(株)社外取締役、10年NKSJホールディングス(株)社外取締役、 11年日本CFO協会理事長(現任)、12年明治大学国際総合研究所フェロー(現任)、12年オリンパス(株)社外取締役(現任)。

    閉じる

    CFOと経理・財務部門はこれから何をすべきか ~監査役の経験から見た日本企業の課題~

    カルビー(株) 常勤監査役
    石田 正

    講演内容・詳細はこちら
    <講演内容>

    経理・財務部門が行っている決算書の作成や税務申告書の作成のような定型業務についてではなく、CFOと経理・財務機能の将来はどうあるべきか、そして人材育成についてお話しします。特に目新しいことではありませんが「交通整理と脳の筋トレ」と思って聞いてください。

    <講師プロフィール>

    1972年から25年間、アーサーヤング東京事務所(現アーンストアンドヤング)及び朝日監査法人(現あずさ監査法人)にて日本及び米国基準の会計監査、財務アドバイザリー業務に従事、代表社員。監査法人在籍中に通算10年間、アーンストヤング、シンガポール及びロンドン事務所に駐在。1996年、ロンドン駐在から帰任後、日本マクドナルド株式会社代表取締役副社長(CFO)、セガサミーホールディングス株式会社専務取締役(CFO)を歴任。2010年より日本CFO協会主任研究委員。2011年2月、カルビー株式会社 常勤監査役に就任、現在に至る。
    著書に『包括利益経営』共著(日経BP社)、『CEO/CFOのためのIFRS財務諸表の読み方』共著(中央経済社)、『「経理・財務」実務マニュアル』編著(税務経理協会)がある。「国際会計基準IFRS完全ガイド」(日経BP社)への寄稿、「日経BP際会計基準フォーラム」講師など、セミナー講演多数。

    閉じる
    ACC-S2
    経理業務のクラウド化

    7月26日(水) 15:00~16:30

    経費精算がなくなる日 ~領収書の電子化から経費精算の全自動化へ~

    (株)コンカー 代表取締役社長
    三村 真宗

    講演内容・詳細はこちら
    <講演内容>

    ムダな業務をやめることが、働き方改革の中核をなす長時間労働是正の第一歩です。経費精算は、それ自体が全く価値を生まない上に、面倒な作業で社員を後ろ向きにさせ、時間まで奪います。本講演では、手間なし経費精算への第一歩を踏み出し、自動化を進めていく方法をご紹介します。

    <講師プロフィール>

    1969年、東京都出身。93年、慶應義塾大学法学部を卒業後、SAPジャパンに創業メンバーとして入社。ビジネス・インテリジェンス事業本部長、社長室長、戦略製品事業バイスプレジデントなどの要職を歴任する。
    2006年、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社し、金融や通信業界のIT戦略策定、ソフトウェア事業のBPRなどに従事。
    2009年、ベタープレイス・ジャパンでシニアバイスプレジデントを務める。
    2011年10月、コンカー日本法人の代表取締役社長に就任。現在に至る。

    閉じる

    テクノロジーが切り拓く、経理・経営の「マジ価値」モデル

    freee(株) 代表取締役
    佐々木 大輔

    講演内容・詳細はこちら
    <講演内容>

    中小企業から上場前後の企業まで、国内70万の事業所にバックオフィス業務の最適化を届けるfreee。
    テクノロジーの進展が新たにもたらす効率的な経理経営の形を、あなたの会社にも実現する方法をお伝えします。

    <講師プロフィール>

    全自動のクラウド会計ソフトfreee(フリー)を運営するfreee株式会社の代表取締役。学生時代、インターネットリサーチ会社インタースコープ(現在は合併を経てマクロミル)にて、新しい調査手法の開発に従事。卒業後は博報堂を経て、投資ファンドのCLSAキャピタルパートナーズに参画し投資アナリスト、その後レコメンドエンジンのスタートアップであるALBERTにてCFOと新規レコメンドエンジンの開発を兼任。この後Googleで、日本およびアジア・パシフィック地域での中小企業向けのマーケティングチームを統括し、同地域での中小企業におけるオンライン広告プロダクトの浸透に大きな実績を残した。2012年7月freee株式会社を設立。一橋大学商学部卒。専攻はデータサイエンス。

    閉じる

    会計・財務EXPO 専門セミナー

    ACC-1
    電子帳簿保存法

    7月27日(木) 13:00~14:30

    電子帳簿化によるコスト削減 ~ポイントと事例紹介~

    (株)ビジネスブレイン太田昭和 グローバルコンサルティング事業部長 公認会計士
    上原 仁

    講演内容・詳細はこちら
    <講演内容>

    スキャナ保存の要件緩和は、電子帳簿保存法を単なるペーパーレス法から業務プロセス改善を支援する法律へ進化させました。 本講演では、BBSのコンサルタントが電子帳簿保存法対応のポイントと導入事例についてご説明します。

    <講師プロフィール>

    監査法人勤務を経て(株)ビジネスブレイン太田昭和(BBS)入社。現在に至る。
    BBSにおいては、電子帳簿化など会計・経理業務の合理化や決算早期化、IFRS導入等の会計経理部門向けコンサルティングサービス、内部統制、システム監査等ガバナンス関連コンサルティングサービスを提供している。
    公認会計士、CISA。

    閉じる

    税制改正で動き出した電子文書保存の最新動向 ~押さえておきたい導入ポイント~

    佐久間税務会計事務所 所長 公認会計士・税理士
    佐久間 裕幸

    講演内容・詳細はこちら
    <講演内容>

    平成27年、28年のスキャナ保存に係る電子帳簿保存法の改正は、書類の保管コストの削減だけでなく、社内のペーパーレス化、従業員のワークスタイルの変革をも実現可能とした。このスキャナ保存制度の改正内容から導入に向けてのポイントを解説する。

    <講師プロフィール>

    佐久間税務会計事務所所長として、税理士業務、中小企業の経理周辺業務のアウトソーシングの受託を行う。その他、学校法人等の監査業務、株式公開支援業務、その他企業の会計・税務に関するコンサルティングを行う。
    現在、日本公認会計士協会 IT委員会電子化対応専門委員長として、各種研究報告の取りまとめ等にも関与。
    <経 歴>
    昭和36年8月東京生まれ
    昭和61年3月慶應義塾大学大学院商学研究科修士課程修了
    同年10月監査法人中央会計事務所(中央監査法人に名称変更)入所(平成8年退所)
    平成2年3月公認会計士登録。
    平成2年8月税理士登録、個人事務所開設
    平成11年日本公認会計士協会情報システム委員会(現IT委員会)委員に就任
     現在、IT委員会電子化対応専門委員長
    平成18年4月南山大学大学院ビジネス研究科教授(平成20年3月まで)
    平成27年6月元気寿司株式会社監査役に就任
    【著 書】
    「電子帳簿の実務Q&A」ぎょうせい平成10年
    「電子的監査証拠」第一法規(日本公認会計士協会翻訳の翻訳メンバー)平成19年
    「平成28年度改正対応 こうなる!国税スキャナ保存・スマホ撮影保存」ぎょうせい平成28年
    「国税庁Q&A対応 実践 税務書類のスマホ・スキャナ保存」ぎょうせい平成28年

    閉じる
  • ※敬称略。セッションの録音、写真・ビデオ撮影などは一切禁止させていただきます。都合により講師、プログラムの内容が変更になる場合、およびテキスト配布の無い講演もございます。あらかじめご了承ください。セミナーに関するお問合せは sj-con@reedexpo.co.jp までどうぞ

  • その他同時開催展セミナーはこちら

  • その他同時開催展セミナーはこちら

  • その他同時開催展セミナーはこちら

  • その他同時開催展セミナーはこちら

  • その他同時開催展セミナーはこちら